ROSE RECORDS ONLINE SHOP

  • 曽我部恵一
  • ローズレコーズ ウェブサイト

CD

Lantern Parade / 『清水君からの手紙』 (ROSE 43/CD MINI ALBUM)

Lantern Parade / 『清水君からの手紙』 (ROSE 43/CD MINI ALBUM)

ともすればおしゃれでリラクシンな
ブラジリアンテイストあふれる
ここち良いネタ&ビートの数々で彩られた
ランタンパレードの音楽を
絶対にカフェで流れそうもない
ハードコアな音楽にしているのは
そこにぬり込められた彼の情念の深さのせいさ。
おわりとはじまりを
同時に見せることのできるポップミュージック。
親に怒られている気にも不良の先輩に
そそのかされている気にもなる。
嗚呼、音楽を聴いてて良かった!!
(曽我部恵一)

曽我部恵一 / 『東京コンサート』 (ROSE 42/CD ALBUM)

曽我部恵一 / 『東京コンサート』 (ROSE 42/CD ALBUM)

10年目の贈りもの。
サニーデイ・サービス時代の名盤『東京』誕生10周年を記念して、
2006年初夏に曽我部恵一が行った『東京』全曲再演ライブの模様を完全収録。
舞台は映画館。ノスタルジーかこぼれ落ちるようなライブ盤です。

ジャケット画 やまだないと
デザイン 小田島等

島津田四郎 / 『島津田四郎』 (ROSE 40/CD ALBUM)

島津田四郎 / 『島津田四郎』 (ROSE 40/CD ALBUM)

お盆のめちゃくちゃ暑い香川県にて、島津田四郎くんのデビューアルバムを録音した。
香川県坂出市のぼくの実家の2階、つまりぼくが上京するまでずっと住んでた部屋にて。
まずうどんを食べてからレコーディングが始まる、 「うどんセッション」と呼んでもいい2日間だった。

島津くんはギターを弾きながら、日記を書くようにつくった幾つもの歌をうたった。
日々の叙景がねじれて、空にあんぐりと開いた夏の穴の奥に吸い込まれていくような。
そんな不思議に爽快な曲たち。ぼくはこっそりとその音楽に対して「うどんサイケ」と、つぶやく。
それはどこかで、ジョアン・ジルベルトやジルベルト・ジルの音楽と通じている。

真夏の香川県はとても暑い。東京とはちがって暑さが近い。肩の上、すぐそのへんにある。
太陽、雨降り、風、うどん、夜・・・自然はずっとぼくらを見張る。ぼくらがうたうのを見守っている。

「はだかでく~さ~むしり~ 孤独はファンタジ~」とうたう田四郎くんは、ついに出てきた天才シンガーだ。
今までは生い茂った草に隠れていた。

アルバムには20数曲が収録されているがどれにもタイトルはない。
好きな呼び名で呼んでやってください。
曽我部恵一

ホテルニュートーキョー / 『ガウディの憂鬱』 (ROSE 39/CD ALBUM+DVD)

ホテルニュートーキョー / 『ガウディの憂鬱』 (ROSE 39/CD ALBUM+DVD)

近づいてくる波の音。遠い異国の雑踏。
男と女が愛について語る、その声。
スティールパンとフェンダーローズ
リズムボックスに枯れたギター
トランペットが古い記憶を運んでくるとき。
時間がとろけて甘い液体になって、溢れる。
夏の陽射しを逃れ、
つかのまのメロウなランデヴーへ。
ホテル ニュー トーキョーへようこそ。
曽我部恵一

Lantern Parade / 『太陽が胸をえぐる』 (ROSE 35/CD ALBUM)

Lantern Parade / 『太陽が胸をえぐる』 (ROSE 35/CD ALBUM)

古き良き音楽たちの情熱的で甘美な調べ。そのループ。
BEATのうえに立ち、ときに淡々と、ときに激しく世界を描写し続けるひとりの青年。
メロディは風に乗り、ひとつづつ放たれ、空高く舞い上がり消えて行く。
赤い風船のように、または、美しい火炎瓶のように。
明日なにが起ころうと、決して彼は攻撃の手をゆるめない。
ひとりっきりのメロウなレジスタンス。燃えるような愛ゆえに。
ぼくもひとり部屋の片隅で、この革命に参加しようかと考えている。(曽我部恵一)

ホテル ニュートーキョー / 『東京ワルツ Remixes』 (ROZE 34/CD SINGLE)

ホテル ニュートーキョー / 『東京ワルツ Remixes』 (ROZE 34/CD SINGLE)

近づいてくる波の音。遠い異国の雑踏。男と女が愛について語る、その声。
スティール・パンとフェンダー・ローズ、
リズム・ボックスに枯れたギター、
トランペットが古い記憶を運んでくるとき。
時間がとろけて甘い液体になって、溢れる。
夏の陽射しを逃れ、つかのまのメロウなランデヴーへ。
ホテル ニュー トーキョーへ、ようこそ。(曽我部恵一)

中村ジョー / 『Blue Box』 (ROSE 33/CD ALBUM)

中村ジョー / 『Blue Box』 (ROSE 33/CD ALBUM)

旅の途中、ジョーくんのニューアルバムが完成する。深夜の高速でバンドワゴンをとばしながらそのCDを聴く。うとうとと暗闇の中、ジョーくんのうたが真夜中を切り裂く。ハッピーズ~JOEYを経て6年ぶりの、そして初めての、ソロの彼のうたごえ。「これを待ってたんだから!」と、つい声に出して言いたくなる。
ジョーくんが今夜もうたう。からっぽの青春について、果たされなかった夢について、消えてしまった恋人について、天使と悪魔とブルースについて。(曽我部恵一)

Lantern Parade / 『ランタンパレードの激情』 (ROSE 30/CD MINI ALBUM)

Lantern Parade / 『ランタンパレードの激情』 (ROSE 30/CD MINI ALBUM)

<廃盤タイトルの再プレスです!>
永らく廃盤となっておりました、Lantern Paradeの以下の2タイトルが再プレスされました!

○MINI ALBUM 『ランタンパレードの激情』
○CD-SINGLE 『甲州街道はもう夏なのさ』


JAZZ、HIP HOP、FOLK……音楽の過去と未来を巡るランタンパレード。
終わりのないブレイクビーツの旅から産み落とされた「うた」のしずく。心の歌、メロウな激情の歌…。
こころのつぶやきをここまでソウルフルに昇華したシンガーがかつていただろうか?

冬の踊り子 / 『JAZZ』 (ROSE 29/CD ALBUM)

冬の踊り子 / 『JAZZ』 (ROSE 29/CD ALBUM)

冬の踊り子・古賀鈴鳴が描く音のスケッチ。
異国の絵本を開いたかのような、奇妙にして美しい世界観。
メランコリックなアコースティックサウンドとエレクトロニカの融合。

曽我部恵一 / 『sketch of shimokitazawa』 (ROSE 28/CD ALBUM)

曽我部恵一 / 『sketch of shimokitazawa』 (ROSE 28/CD ALBUM)

ある日の天気、ある日の空気、ある日の下北沢の風景。
アコースティックな肌触りで紡ぐ、メロウで暖かい音のスケッチ。
叙情的でミニマルな音世界が繰り広げられる珠玉の作品です。
当初は下北沢のショップとオンラインのみのリリースでしたが、
短期間で完売!ジャケットも一新してのリリースとなりました。
全曲リマスタリング。

曽我部恵一BAND / 『LIVE』 (ROSE 27/CD ALBUM)

曽我部恵一BAND / 『LIVE』 (ROSE 27/CD ALBUM)

都会の夜空に輝くロックンロールのきらめき、確かなメッセージと歓喜の声、そして愛が交差する夢の「LIVE」。
全編に流れる太くあたたかいロック・バイブレーション。フロアを青春で満たす究極のライブ盤の完成です。

エレキコミック / 『エレベスト』 (ROSE 25/CD ALBUM)

エレキコミック / 『エレベスト』 (ROSE 25/CD ALBUM)

人気お笑いコンビ「エレキコミック」がついにアルバム・デビューしてしまいます。
作曲&プロデュースはもちろん全曲曽我部恵一。珠玉の書き下ろし曲がずらっと並びます。
ロックンロール、パンク、フォーク、ラップ、カントリーetc・・・
どの曲もポップでグッとくる青春のメロディばかり。
そして、コントのほうももちろん収録。
スネークマン・ショウをも彷彿とさせる。「音楽的コミカル・アルバム」の登場です!

曽我部恵一 / 『ラブレター』 (ROSE 24/CD ALBUM)

曽我部恵一 / 『ラブレター』 (ROSE 24/CD ALBUM)

あなたの心をロックして揺さぶりつづける12のストーリー。
青春の栄光と挫折、愛と夢と欲望ぜんぶ鞄に詰めて、さあ、旅に出よう。

Lantern Parade / 『LANTERN PARADE』 (ROSE 23/CD ALBUM)

Lantern Parade / 『LANTERN PARADE』 (ROSE 23/CD ALBUM)

2004年春。突然の春風のように我々のまえに姿を現したランタン・パレード。
それは、古今東西様々な音楽要素が絡み合い、美しいメロウネスで彩られた希有なポップ・ミュージック。
クールなサウンドに潜む狂おしいほどの熱情が、聴くものを捕まえて離しません。
ランタン・パレードの幻想の夏が、そこまでやって来ました。

曽我部恵一 / 『sketch of shimokitazawa』 (ROZE 22/CD ALBUM)

曽我部恵一 / 『sketch of shimokitazawa』 (ROZE 22/CD ALBUM)

SOLD OUT!!

曽我部恵一が紡ぐ、下北沢・音のスケッチ。『STRAWBERRY』のロックンロールとはちょっと違う、アコースティックでパーソナルな珠玉のアルバム。
下北沢限定リリース。大好評につき、オンラインショップでの初回プレス分は数ヶ月で品切れとなりました。

Lantern Parade / 『甲州街道はもう夏なのさ』 (ROSE 21/CD-SINGLE)

Lantern Parade / 『甲州街道はもう夏なのさ』 (ROSE 21/CD-SINGLE)

<廃盤タイトルの再プレスです!>
永らく廃盤となっておりました、Lantern Paradeの以下の2タイトルが再プレスされました!

○MINI ALBUM 『ランタンパレードの激情』
○CD-SINGLE 『甲州街道はもう夏なのさ』

ランタン・パレードから届けられた2005年夏のメロウ・アンセム。
どこまでも続く甲州街道を行く東京一人旅。そこに流れるアコースティックでGROOVYなメロディ。
心の深いところにひっかかって離れないある夏の記憶。
そんな光景と東京の汚れた青空とがリンクして、音楽が流れ出せば・・・。
大貫妙子「薬をたくさん」を劇的にサンプリングした突き抜けるようなポップソング。
カップリングされた3曲はここでしか聴くことができません。

RAYMOND TEAM / 『BOX』 (ROSE 20/CD MINI ALBUM)

RAYMOND TEAM / 『BOX』 (ROSE 20/CD MINI ALBUM)

レイモンド・チームから届いたあたらしい音の展開図。その質感は前作よりさらに透明感をまし、力強く、そして深く。彼らのサウンドが流れると、日常がすこしブルーに染まる。全5曲、28分のメロウ・トリップ。

ザ・テレパシーズ / 『GAME イズ OVER』 (ROSE 19/CD MINI ALBUM)

ザ・テレパシーズ / 『GAME イズ OVER』 (ROSE 19/CD MINI ALBUM)

岡山の田舎町から飢えたティーンの咆哮が聴こえる。
ジャキジャキと歪んだエレキギター、ブンブンうなるベース、そこらじゅうをひっぱたくドラムス。
オーケー、パンクロックに必要なものは揃ったかい?テレパシーズの登場だ。

アニメーションズ / 『THE ANIMATIONS』 (ROSE 18/CD ALBUM)

アニメーションズ / 『THE ANIMATIONS』 (ROSE 18/CD ALBUM)

現在、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やソロで活躍中、稀代のヴォーカリストである奇妙礼太郎。
その奇妙礼太郎がボーカル、ギターとして参加しているアニメーションズの1stであり、唯一となるフルアルバム「THE ANIMATIONS」。ROSE RECORDSより2005年5月リリース。

大阪のロックロール爆弾!「アニメーションズ」のファーストアルバム。熱いロックンロールが11曲収録。

メンバー
奇妙礼太郎 ボーカル、ギター
生島良太郎 ギター、コーラス
上田太一 ベース、コーラス
加藤拓生 ドラム、パーカッション

Lantern Parade / 『回送列車が行く』 (ROSE 17/CD SINGLE)

Lantern Parade / 『回送列車が行く』 (ROSE 17/CD SINGLE)

SOLD OUT!!

ランタン・パレード初のマキシシングル。軽やかにスウィングする新たな名曲の誕生。表題曲以外の3曲はこのCDでしか聴けません。

V.A / 『私たちの音楽 vol.1』 (ROSE 15/CD ALBUM)

V.A / 『私たちの音楽 vol.1』 (ROSE 15/CD ALBUM)

ROSE RECORDS初のコンピレーションにして初のクリスマス・アルバム。17組のアーティストによる素敵な音の響宴。曽我部恵一の新曲3曲もここでしか聴 くことができません。ジャケット画は小田島 等。
2004年に起きた新潟中越地震へのチャリティ・アルバムでもあり、売上の一部は日本赤十字を通して新潟中越地震被災地へ寄付されます。限定盤5000プレスにつき、残り僅かです。

曽我部恵一 / 『青い車 オリジナル・サウンド・トラック』 (ROSE 14/CD ALBUM)

曽我部恵一 / 『青い車 オリジナル・サウンド・トラック』 (ROSE 14/CD ALBUM)

映画『青い車』オリジナル・サウンド・トラック。インストゥルメンタル3曲とうたもの3曲からなるミニ・アルバム。淡く深い世界観を描き出す。当初は公開映画館のみで販売された。

THE SUZAN / 『SUZAN KINGDOM』 (ROSE 10/CD SINGLE)

THE SUZAN / 『SUZAN KINGDOM』 (ROSE 10/CD SINGLE)

彼女たちが楽器を持ってすぐのころのデモテープのCD化。THE SUZANの多彩な面がうかがえる全4曲。

上間常弘 / 『月がぼんやり』 (ROSE 9/CD ALBUM)

上間常弘 / 『月がぼんやり』 (ROSE 9/CD ALBUM)

アシッド・フォークfrom沖縄。意識の深いところに触れてきそうなアコースティック・サウンド。収録曲の「夏の夕暮れ」は映画『青い車』の中で本人により歌われている。眠れない夜に、ぜひ。

曽我部恵一 / 『STRAWBERRY』 (ROSE 8/CD ALBUM)

曽我部恵一 / 『STRAWBERRY』 (ROSE 8/CD ALBUM)

曽我部恵一3枚目のアルバムは、愛と青春のロック・アルバム。ほとんどの曲がダブルオー・テレサと共にレコーディングされた荒々しくリアルな手触りの全10曲。ミックスダウンも曽我部の手による。

エレキコミック / 『ノースリーブ』 (ROSE 7/CD SINGLE)

エレキコミック / 『ノースリーブ』 (ROSE 7/CD SINGLE)

SOLD OUT!!

エレキコミック第十一回単独公演『ノースリーブ』のために曽我部恵一が書き下ろした曲。
プロデュース、ジャケット写真も曽我部恵一。

曽我部恵一 / 『LOVE-SICK』 (ROSE 6/CD SINGLE)

曽我部恵一 / 『LOVE-SICK』 (ROSE 6/CD SINGLE)

2004年夏にリリースされたラブリーなレゲエ・チューン。カップリングに美空ひばりのカバー「りんご追分」。CDにはダブ・バージョンとアカペラも収録。

曽我部恵一 / 『世界のニュース ~light of the world』 (ROZE 5/CDR SINGLE)

曽我部恵一 / 『世界のニュース ~light of the world』 (ROZE 5/CDR SINGLE)

SOLD OUT!!

曽我部恵一によるゲリラ・シングル。完成翌日のライブでいきなり売り始められた。現在でも当初のスピリットを残すべく一枚一枚手作りのCD-R作品。

*CD-R作品「世界のニュース~light of the world!」の販売終了のお知らせ。CD-Rケースの製造中止にともない、販売を終了いたしました。

Lantern Parade / 『Lantern Parade』 (ROSE 3/CD ALBUM)

Lantern Parade / 『Lantern Parade』 (ROSE 3/CD ALBUM)

ランタン・パレード鮮烈のデビュー・アルバム。ひんやりとしたサンプリングによるサウンドと熱いソウルが混ざり合い、見たことのない不思議な心地良い風景を描き出す。

RAYMOND TEAM / 『RAYMOND TEAM』 (ROSE 2/CD ALBUM)

RAYMOND TEAM / 『RAYMOND TEAM』 (ROSE 2/CD ALBUM)

レイモンド・チームのファースト・フルアルバム。3本のギターとベースの緊張感漂うアンサンブルが織りなすサウンドに、切ないヴォーカルがそっと佇み、気付けば心地良い浮遊感に包まれる。

1 2 3 4 5 6

COPYRIGHT(C) ROSE RECORDS CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED. CONTACT COMPANY

  • 曽我部恵一
  • ローズレコーズ ウェブサイト