ROSE RECORDS ONLINE SHOP

  • 曽我部恵一
  • ローズレコーズ ウェブサイト
ROSE206_207ROSE205ファシズムLee&Small Mountains / 『カーテン・ナイツ』MGF <a href="http://www.roserecordsshop.com/ca2/308/p-r-s/" target="_blank">『Float in the Dark』</a>のROSE196ROSE198MGF「優しくしないで’95 feat.曽我部恵一」

商品一覧

Cheekbone / 『ちぐはぐ』 (ROSE64/CD ALBUM)

Cheekbone / 『ちぐはぐ』 (ROSE64/CD ALBUM)

「静寂の中で燃え上がる炎。インストゥルメンタル音楽の未来」(曽我部恵一)

ROSEよりニューカマーの登場!とても日本人とは思えないほどにクオリティの高いエレクトロニカを紡ぐ、森内こういちによるソロユニット=Cheekbone(チークボーン)。
繊細で流麗なメロディと遠い微かな記憶の断片が交差する極上のアンビエント・エレクトロカ。

Lantern Parade / 『TOKYO EYE AND EAR CONTROL』 (ROSE63/CD ALBUM)

Lantern Parade / 『TOKYO EYE AND EAR CONTROL』 (ROSE63/CD ALBUM)

前作『とぎすまそう』と同時期に制作が行われていた今作は、「架空のmix CD」という、前作と同様のコンセプト。
前作で好評を博したディスコ/ハウス調のトラックをはじめ、3rd album 『太陽が胸をえぐる』で見せたジャジーでどこかメランコリックなポエトリートラック、ミニアルバム『清水君からの手紙』や『絶賛舌戦中』で披露したランタン流ラップ、そして、1st albumや2nd albumなどの初期作品に見られる、持ち前の独特な歌い回しによる流麗なトラックなど、自身の今までの作品群で披露してきた手法を幅広く収録した全29曲。


「都市生活者による都市生活者のためのDEATH DISCO MUSIC」曽我部恵一

曽我部恵一BAND / 『キラキラ!』 (ROSE 59/CD ALBUM)

曽我部恵一BAND / 『キラキラ!』 (ROSE 59/CD ALBUM)

意外や意外!?結成4年目にしてなんと初のスタジオアルバムとなる今作。
実質これがデビュー盤となる曽我部恵一BANDのアルバムが遂にリリース!
直球ど真ん中!トータルタイム35分12秒で描かれたキラっキラの青春物語。
もがいて、打ちひしがれて、這いつくばって、それでもそこで夢を見て。
青春群像の煌めきだけを取り出したかのような、輝き溢れる最強のロックンロール、堂々の完成!

曽我部恵一BAND / 『キラキラ!』 (ROSE 59X/ANALOG ALBUM)

曽我部恵一BAND / 『キラキラ!』 (ROSE 59X/ANALOG ALBUM)

SOLD OUT!!

意外や意外!?結成4年目にしてなんと初のスタジオアルバムとなる今作。
実質これがデビュー盤となる曽我部恵一BANDのアルバムが遂にリリース!
直球ど真ん中!トータルタイム35分12秒で描かれたキラっキラの青春物語。
もがいて、打ちひしがれて、這いつくばって、それでもそこで夢を見て。
青春群像の煌めきだけを取り出したかのような、輝き溢れる最強のロックンロール、堂々の完成!

曽我部恵一ランデヴーバンド / 『ランデヴー・コンサート』 (ROZE62/ANALOG ALBUM・2枚組ダブルジャケット)

曽我部恵一ランデヴーバンド / 『ランデヴー・コンサート』 (ROZE62/ANALOG ALBUM・2枚組ダブルジャケット)

ランデヴー・コンサート・ツアーの中から、素敵なテイクを抜粋した。
当然だけど、ランデヴーバンドがプレイすれば、同じ曲であっても、毎回ぜんぜん違う。
決めごとのない曖昧な愛の中、ぼんやりとした光だけを頼りに泳ぐ、幸福な一時間。

「おはよう」の世界観をじっくり醸造し、すこしビターでスイートなスパイスをふりかけました。
アナログ盤の深~い味わいをお楽しみください。

シェフ 曽我部恵一

曽我部恵一 / 『Sunny Day Service コンサート』 (ROZE61/ANALOG ALBUM)

曽我部恵一 / 『Sunny Day Service コンサート』 (ROZE61/ANALOG ALBUM)

毎年やっている、10年前のアルバムをもういちど辿ってみようという、恐いもの見たさとサウダーヂが共存する極私的企画。今回のように、事前に告知をして行なわれたのは初めて。
やってみると、単純に26歳のぼくに出逢うような気がする。鏡の前で弾き語りをしているような気がする。その鏡には26歳のぼくが弾き語りをしている像が映っている。突然訪れるこのフラッシュバックがなかなか心地好い。

現在でも頻繁に歌う曲もあるが、10年前に作ったっきりの曲たちを歌うことは、とてもむずかしい。だからうまくできない。だから「今の」歌がある。

これはもう、「旅」がテーマになっているアルバムだ。過去へと続くトンネルを、ゆっくりするすると滑りながら旅するつもりで聴いていただきたい。
「PINK MOON」あたりから、ちゃんと過去に出逢えたようだ。それ以降は、旅の記憶の中で朦朧としてしまうだろう。

曽我部恵一

曽我部恵一 / 『ランデヴーBOX』 (ROZE60/CD,DVD,ANALOG 7INCH)

曽我部恵一 / 『ランデヴーBOX』 (ROZE60/CD,DVD,ANALOG 7INCH)

たった五公演にもかかわらず、全国で大反響を呼んだ「ランデヴーコンサート」。
曽我部恵一のアコースティックセットによる、はかなくも力強い生命力に溢れたステージは、観るものに確かな感動を与えました。
ツアー終了からわずか2ヶ月、その全貌がラグジュアリーなBOXセットとなってパッケージされました。
CD2枚、DVD1枚、さらにボーナスアナログ7インチ付き、というボリュームでこの濃密な夜に迫ります。
豪華ブックレット、ナンバリング入りチケットも封入され、完全限定3000セットのリリースです。

曽我部恵一BAND / 『魔法のバスに乗って』 (ROSE 54/CD SINGLE)

曽我部恵一BAND / 『魔法のバスに乗って』 (ROSE 54/CD  SINGLE)

SOLD OUT!!

曽我部恵一BANDのデビュー・シングルが遂に正規リリース!!百戦錬磨のライブバンドとして培われていたスキルを携えて、遂に完成したアルバムからの先行シングル!
2007年10月中旬よりライブ会場オンリーで販売を開始したこのシングルは、各ライブ会場で売り切れが続出し、問い合わせが殺到した話題盤。限定プレスなのでお早めにどうぞ。

曽我部恵一BAND / 『魔法のバスに乗って』 (ROSE 54X/ANALOG 12INCH)

曽我部恵一BAND / 『魔法のバスに乗って』 (ROSE 54X/ANALOG 12INCH)

曽我部恵一BANDのデビュー・シングルが遂に正規リリース!!百戦錬磨のライブバンドとして培われていたスキルを携えて、遂に完成したアルバムからの先行シングル!
2007年10月中旬よりライブ会場オンリーで販売を開始したこのシングルは、各ライブ会場で売り切れが続出し、問い合わせが殺到した話題盤。限定プレスなのでお早めにどうぞ。

V.A / 『Till You Learn』 (ROSE 55/ANALOG 12INCH)

V.A / 『Till You Learn』 (ROSE 55/ANALOG 12INCH)

ROSE 初となるスプリット12インチ シングルは、曽我部恵一ランデヴーバンド、ランタンパレード、ホテルニュートーキョーの3組が参加。
そして この3組に加え、トライバルなグルーヴを見事にストリートへと昇華し、ダブもハウスもロックも凌駕するBEAT感が素晴らしい要注目アーティスト<ZEEKO>によるリミックスを収録。
この作品は「Till You Learn」と題され、ぼくらが送る毎日の生活のなかに溢れるビート&詩情をコンセプトに作られた短編映画のようなシングルです。あなたの日常のポケットにそっとしのばせてみてください。

曽我部恵一ランデヴーバンド / 『おはよう』 (ROSE 57/CD ALBUM)

曽我部恵一ランデヴーバンド / 『おはよう』 (ROSE 57/CD ALBUM)

生活のすきまからメロウにそっとこぼれ落ちる
いくつもの感情を優しく紡いだ歌たち。
曽我部恵一の唯一無二の声と、
ランデヴーバンドのやわらかなグルーヴ。
その一体感が、現実と夢のあいだにあるような
美しい風景を生み出します。
曽我部恵一率いる
5人のアコースティック・メッセンジャーズ、
ランデヴーバンドのデビューアルバム。
甘い日々の泡をいっぱいにつめこんだ
珠玉のフォークアルバムです。

曽我部恵一ランデヴーバンド / 『おはよう』 (ROSE 57X/ANALOG ALBUM)

曽我部恵一ランデヴーバンド / 『おはよう』 (ROSE 57X/ANALOG ALBUM)

生活のすきまからメロウにそっとこぼれ落ちる
いくつもの感情を優しく紡いだ歌たち。
曽我部恵一の唯一無二の声と、
ランデヴーバンドのやわらかなグルーヴ。
その一体感が、現実と夢のあいだにあるような
美しい風景を生み出します。
曽我部恵一率いる
5人のアコースティック・メッセンジャーズ、
ランデヴーバンドのデビューアルバム。
甘い日々の泡をいっぱいにつめこんだ
珠玉のフォークアルバムです。

Lantern Parade / 『とぎすまそう』 (ROSE 56/CD ALBUM)

Lantern Parade / 『とぎすまそう』 (ROSE 56/CD ALBUM)

またもやランタンパレードの新作が到着!
ディスコ/ハウス+ポエトリー!?
フロアライクな要素を取り入れるという
新機軸を携えて、彼独自のポップネスが大復活。
透明なメロディと鋭利な言葉のリフレイン。
ランタンパレードとまわる愛と哀しみの遊園地。
「架空の mix CD」というコンセプトのもと、
初期の作品を彷彿とさせる流麗なトラックを
随所に散りばめながら、かつてないほど
バラエティに富んだアルバムです。

曽我部恵一 / 『blue』 (ROSE 53/CD ALBUM)

曽我部恵一 / 『blue』 (ROSE 53/CD ALBUM)

まっさらな地平にぽーんと放り出されたかのように真夏を彷徨う青春の日々。
ヒリヒリとした日常の中に、それでも煌めく何か。
そんな日々の泡をすくい取るかのように
クリアでメロウな曽我部の歌声がやさしく響き渡る。
行くあてもなく真夏を彷徨う10の青春ストーリー。

曽我部恵一 / 『blue』(ROSE 53X/ANALOG ALBUM)

曽我部恵一 / 『blue』(ROSE 53X/ANALOG ALBUM)

まっさらな地平にぽーんと放り出されたかのように真夏を彷徨う青春の日々。
ヒリヒリとした日常の中に、それでも煌めく何か。
そんな日々の泡をすくい取るかのように
クリアでメロウな曽我部の歌声がやさしく響き渡る。
行くあてもなく真夏を彷徨う10の青春ストーリー。

Lantern Parade / 『絶賛舌戦中』 (ROSE 52/CD MINI ALBUM)

Lantern Parade / 『絶賛舌戦中』 (ROSE 52/CD MINI ALBUM)

※1,000枚限定生産です!
前作に引き続き、ラップとポエトリーリーディングで構成された異色作。
叙情性やポップネスを排し、淡々と現代社会を描写した全15曲。
諦念に満ちたアルバム!?とんでもない!!
言葉遊びという彼独自のユーモアが散りばめられた意欲作です。

The COMMONS / 『BRAiN DREAMS』 (ROSE 51/CD ALBUM)

The COMMONS / 『BRAiN DREAMS』 (ROSE 51/CD ALBUM)

下北沢の地中深く長い年月純粋培養されたリビドーが爆発し噴出するような音楽。
そう、まさにロックンロールの原子の塊。
下北を歩くとかなり高い確率で遭遇するリーゼントで眼光鋭い巨体のロッカー。彼の名はグレース。
ぼくも知り合う前からこの人を街で見ては、「ただものじゃないんだろうな~」とは思っていました。
彼が十数年前から率いるのがThe COMMONS。
ふとした事から彼と出逢ったぼくは、いっぺんで仲良しになりました。
ロックンロールを愛するハートだけが真ん中にある、それだけの関係。いや、それ以上何を求める?
アルバムには長年温め、ときには冷やされてきた名曲がぎしっと並ぶ。
どれも大人になる事なんかハナから想定外のやんちゃなビート感の曲ばかり。
ティーンエイジR&Rシンフォニー IN 下北沢。
退屈な人生なんて死んでもゴメンと、今夜も街を徘徊する。
こんな素敵に下品なロックアルバムを出せて幸せです!

曽我部恵一
**************************************************************************
ものすごいアルバムだ。言うまでもないが。
ああ、ほんとに言うまでもない。
肝心なものが全部つまっている。ロックだの音楽だのになくてはならぬものが全部。
『マイ・ウェイ』の歌詞から借用すれば、アイとナミダとほほえみにあふれている。
こんあクソな世の中でそれでも生きていかなきゃならないという、その怒りに満ちあふれている。
そして何よりも楽しさにあふれている。COMMONSという一筋縄ではいかないロックンロール
バンドがもたらす楽しさは、やはりきちんとハスに構えた、ひしゃげたものではあるが。
かつ、まぶしほどバカバカしい楽しさではあるが。
しかし、そのバカバカしさにしろ、ナミダや怒りが大量におっかぶさったバカバカしさなのだ。
そのどれもこれもが全て、下品で猛烈に上等なロックンロール・サウンドに乗っかっている。
下品で上等なロックンロールだけが、退屈を亡きものにできるとおれは思う。
退屈からは逃げ出せない。退屈とはいちいちブチ殺していくものだ。
退屈がおれたちの現実を乗っ取る前に、ひとつひとつブチ殺していくんだ。

COMMONSのロックとは、そういうロックだとおれは思う。

FIFI/ Firestarter
**************************************************************************
グングングングン
ヒキズリコマレテハ
キモチ
オドル
ギューンギューンギューン
サケビゴエ ウナリ
ミナノモノサシ コエタアタリニ
トウチャク
グルグルグルグルグルグル
ウゴキ ハジメ
ココロノナカニ
スミツイタ
マッタク! フテエ タマダヨ
オマエッテ ヤツ ハ

24/7(twenty four seven)クラヤマナオキ
**************************************************************************
好きなことを好きなようにやってるGrace Commonは、とてもいい。
そこには、彼にしかわからない強烈なこだわりがあるからだ。
そんなGrace Commonのこだわりや、人柄を理解しつつ、
好きなことを好きなようにやってるCommonsのメンバーも最高だ!!
Commons Rock!!!

ウルフルズ サンコンJr.
**************************************************************************
「41歳 漢グレースからハイライトの煙草1本とステキな夢
を貰いました!ありがとう!そしてCD発売本当におめ!!!」

ロリータ18号 うた 石坂マサヨ
**************************************************************************
世田谷グレイスランド炎上!
ヤ・バ・イ!!!

かづき/Junior
**************************************************************************
コモンズとの出会い・・・イヤだ・・・思い出すのが・・・・・。
下北沢ロフト、15年以上前かな?
友部正人さんを観に行ったのに・・・変なの観ちゃった。
おかげで、大量のゲロを吐き、なのにバナナの唄とか
Vo.の顔とか覚えてて・・・。
つーか、グレースって・・・・・・グレース?
あ~気分悪りぃ。

ワタルバスター(Oi-Skall Mates)
**************************************************************************
ロックンロールするには資格が必要なんだ。
それは「馬鹿である」か「狂っている」かのいずれかだ。
なのに両方揃えちまってるるなんて逆に不憫だぜ(笑)
  
増子直純(怒髪天)
**************************************************************************

曽我部恵一BAND / 『五月の濡れた塔』 (ROZE 50/DVD)

曽我部恵一BAND / 『五月の濡れた塔』 (ROZE 50/DVD)

SOLD OUT!!

ソカバン2007年「ラブシティツアー」@心斎橋クアトロでの一夜をノーカット完全収録!!
カメラも2台に増え(前作比)ライブバンドとしてのソカバンの魅力を余す所なくとらえました。
このツアー限りのサポートメンバー(ホーンズ+キーボード)と繰り広げるゴージャスでクレイジーなR&Rショウ!!!
「恋人たちのロック」PVとツアーフォトギャラリーが特典です。

THE SUZAN / 『SUZAN GALAXY』 (ROSE 49/CD ALBUM)

THE SUZAN / 『SUZAN GALAXY』 (ROSE 49/CD ALBUM)

THE SUZANのデビューアルバム。
ロックでファンキーでガレージでスペイシーなガールズの魂が炸裂した名盤の誕生!
ワイルドなダウナービートが不気味な可愛さを醸し出す「GIVE ME THE MONEY」。強烈にひずみまくったロックンロールのなかドスの利いたSAORIのVOCALが響く「GET DOWN」。
エレピをフィーチャーしたメロウガレージ 「REMEMBER DAYS」。ボンゴとタンバリンが醸し出すへヴィグルーヴ「HIGH AND LOW」などなど、とにかくキャッチーに暴れまくる34分の宇宙の旅。ラストナンバー「YOUR WAY」のピュアな歌声が子守唄のように胸にぐっと来る。

曽我部恵一 / 『music!』 (ROSE 44/ANALOG 12INCH)

曽我部恵一 / 『music!』 (ROSE 44/ANALOG 12INCH)

SOLD OUT!!

バレアリックかつファンキーでメロウなDJヨーグルトの世界と
曽我部恵一のロックンロール・デイズとの素晴らしき出逢い!
『STRAWBERRY』収録の「music! 」がウルトラスペイシーなフュージョンディスコにアップデイト。
これがかかって踊りだしたくならない人は下北沢にはいないかも?
B面には曽我部の娘ハルコちゃんをコーラスに迎えたフォーキーなラヴァーズレゲエ「sunset reggae」と、同曲のマッドでアシッドなダブバージョン「daddy's dub」を収録。
ジャケットのアートワークにもハルコちゃんの素敵なイラストが使われています。
限定プレスにつきお早めにお買い求めください。

曽我部恵一 / 『NAKED SONGS』 (ROSE 48/DVD)

曽我部恵一 / 『NAKED SONGS』 (ROSE 48/DVD)

2007年1月に行われた5時間にも及ぶ弾き語りコンサート<独り会>から16曲を厳選ピックアップ。
モノクロ映像で綴る裸の歌たちが、胸にそっと忍び寄る。

ホテルニュートーキョー / 『ローラースケート☆ドリーム2 remixes』 (ROSE 46/ANALOG 12INCH)

ホテルニュートーキョー / 『ローラースケート☆ドリーム2 remixes』 (ROSE 46/ANALOG 12INCH)

アルバムからの12"カット第2弾。
1st album『ガウディの憂鬱』に収録された人気曲が12"リリース!!
オリジナルに加え、キセルとコラボレーションしたセルフ・リミックス、池田正典(MANSFIELD)のリミックスを収録!!
A1のオリジナルは緩やかなグルーヴの中をギターとエレピの流麗なメロディがループするキラキラのメロウ・トラック。キセルを迎えたA2のセルフリミックスは、胸キュンもののヴォーカル・ハウス・トラックにB1の池田正典(MANSFIELD)によるリミックスは、波のSEや控えめなダビーな質感が相まって何ともバレアリックなハウス・トラックに仕上がっている。そして、B2には同じく1st albumから「トーキョー・スパイ」を収録。

曽我部恵一 / 『LOVE CITY』 (ROSE 45/CD ALBUM)

曽我部恵一 / 『LOVE CITY』 (ROSE 45/CD ALBUM)

曽我部がポップス・フィールドに帰ってきた!!
ロックン・ロール・モードから一変、
キラキラと輝きを放つポップス・アルバムが完成!
ソウルフルに、フォーキーに、そしてメロウに。
曽我部の秀逸なソングライティングが際立つ、
歌心に溢れた大傑作アルバムです!!

曽我部恵一 / 『LOVE CITY』 (ROSE 45X/ANALOG ALBUM)

曽我部恵一 / 『LOVE CITY』 (ROSE 45X/ANALOG ALBUM)

SOLD OUT!!

曽我部がポップス・フィールドに帰ってきた!!
ロックン・ロール・モードから一変、
キラキラと輝きを放つポップス・アルバムが完成!
ソウルフルに、フォーキーに、そしてメロウに。
曽我部の秀逸なソングライティングが際立つ、
歌心に溢れた大傑作アルバムです!!

Lantern Parade / 『清水君からの手紙』 (ROSE 43/CD MINI ALBUM)

Lantern Parade / 『清水君からの手紙』 (ROSE 43/CD MINI ALBUM)

ともすればおしゃれでリラクシンな
ブラジリアンテイストあふれる
ここち良いネタ&ビートの数々で彩られた
ランタンパレードの音楽を
絶対にカフェで流れそうもない
ハードコアな音楽にしているのは
そこにぬり込められた彼の情念の深さのせいさ。
おわりとはじまりを
同時に見せることのできるポップミュージック。
親に怒られている気にも不良の先輩に
そそのかされている気にもなる。
嗚呼、音楽を聴いてて良かった!!
(曽我部恵一)

曽我部恵一 / 『東京コンサート』 (ROSE 42/CD ALBUM)

曽我部恵一 / 『東京コンサート』 (ROSE 42/CD ALBUM)

10年目の贈りもの。
サニーデイ・サービス時代の名盤『東京』誕生10周年を記念して、
2006年初夏に曽我部恵一が行った『東京』全曲再演ライブの模様を完全収録。
舞台は映画館。ノスタルジーかこぼれ落ちるようなライブ盤です。

ジャケット画 やまだないと
デザイン 小田島等

曽我部恵一 / 『東京コンサート』 (ROSE 42X/ANALOG ALBUM)

曽我部恵一 / 『東京コンサート』 (ROSE 42X/ANALOG ALBUM)

SOLD OUT!!

10年目の贈りもの。
サニーデイ・サービス時代の名盤『東京』誕生10周年を記念して、
2006年初夏に曽我部恵一が行った『東京』全曲再演ライブの模様を完全収録。
舞台は映画館。ノスタルジーかこぼれ落ちるようなライブ盤です。

ジャケット画 やまだないと
デザイン 小田島等

曽我部恵一 / 『TELEPHONE LOVE』 (ROSE 41/ANALOG 12INCH)

曽我部恵一 / 『TELEPHONE LOVE』 (ROSE 41/ANALOG 12INCH)

SOLD OUT!!

Dub Archanoid Trimとしての活動も鮮やかなDJ・岩城ケンタロウ氏。
オーガニックでディープなハウスミュージックで世界中のダンサーを魅了する彼のサウンドと、我らが曽我部恵一の透明感溢れるうたのコラボレーション。

その第一弾としてチョイスされたのが名曲「テレフォン・ラブ」。
ラブリーなFUNKチューンが、キラキラとした極上のチルアウトハウスに生まれ変わりました。
鳥の鳴き声が響くアコースティックなアンビエントから始まる、その名も"Paradise Jam"。
カップリングには、曽我部のニューアルバムから「アップルソング」の、こちらもダビーにきらめくremixを収録。
美しいコラボレート・シングルの誕生です。

島津田四郎 / 『島津田四郎』 (ROSE 40/CD ALBUM)

島津田四郎 / 『島津田四郎』 (ROSE 40/CD ALBUM)

お盆のめちゃくちゃ暑い香川県にて、島津田四郎くんのデビューアルバムを録音した。
香川県坂出市のぼくの実家の2階、つまりぼくが上京するまでずっと住んでた部屋にて。
まずうどんを食べてからレコーディングが始まる、 「うどんセッション」と呼んでもいい2日間だった。

島津くんはギターを弾きながら、日記を書くようにつくった幾つもの歌をうたった。
日々の叙景がねじれて、空にあんぐりと開いた夏の穴の奥に吸い込まれていくような。
そんな不思議に爽快な曲たち。ぼくはこっそりとその音楽に対して「うどんサイケ」と、つぶやく。
それはどこかで、ジョアン・ジルベルトやジルベルト・ジルの音楽と通じている。

真夏の香川県はとても暑い。東京とはちがって暑さが近い。肩の上、すぐそのへんにある。
太陽、雨降り、風、うどん、夜・・・自然はずっとぼくらを見張る。ぼくらがうたうのを見守っている。

「はだかでく~さ~むしり~ 孤独はファンタジ~」とうたう田四郎くんは、ついに出てきた天才シンガーだ。
今までは生い茂った草に隠れていた。

アルバムには20数曲が収録されているがどれにもタイトルはない。
好きな呼び名で呼んでやってください。
曽我部恵一

ホテルニュートーキョー / 『ガウディの憂鬱』 (ROSE 39/CD ALBUM+DVD)

ホテルニュートーキョー / 『ガウディの憂鬱』 (ROSE 39/CD ALBUM+DVD)

近づいてくる波の音。遠い異国の雑踏。
男と女が愛について語る、その声。
スティールパンとフェンダーローズ
リズムボックスに枯れたギター
トランペットが古い記憶を運んでくるとき。
時間がとろけて甘い液体になって、溢れる。
夏の陽射しを逃れ、
つかのまのメロウなランデヴーへ。
ホテル ニュー トーキョーへようこそ。
曽我部恵一

1 2 3 4 5 6 7 8 9

COPYRIGHT(C) ROSE RECORDS CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED. CONTACT COMPANY

  • 曽我部恵一
  • ローズレコーズ ウェブサイト